株式会社設立については専門の士業に聞きましょう!

バランスシートを知ろう

会社設立をしたらバランスシートに気をつける

バランスシートを知ろう
会社設立をすると、売り上げや利益に集中しすぎてしまうことが多いので注意が必要です。バランスシートの状態が悪化しながら売り上げだけを上げていくような状態では、資金がショートし、倒産する可能性も高くなってしまうからです。これはいわゆる黒字倒産ですが、実際に起こりうることなので注意が必要です。

会社設立直後は規模も小さく、資金がショートしやすいので特に注意が必要なのです。資本金が小さければ、借り入れすることは難しいので、売り上げがたくさん上がっていたとしても資金ショートを回避できずに倒産してしまう場合も多いからです。

バランスシートの状態を良くするためには、売り上げたお金の回収をなるべく早くすることが肝心です。規模が小さくて借金ができなくて負債は少ないかも知れませんが、売り上げているが資金回収はまだという売掛金が多くなると資金が増えずにキャッシュフローを圧迫するので注意しなければなりません。

もっとも良いのは現金前払いのビジネスをすることですが、必ずしもそうとはいかないことでしょう。教育やサービス産業では前払いやサービス提供後の直後に資金回収ができる場合も多いので、それほど心配することはありません。この場合は、売り上げを増やすことに専念すれば良いでしょう。

会社設立したら、売り上げや利益を増やすと良いのは、資本を増やすことにつながるからです。資本金が多ければ、キャッシュフローにゆとりができ、倒産しにくくなるからです。ただし、利益が多いと法人税も多額になるというデメリットがありますから、一概に良いことばかりではありません。

いずれにしても、会社設立したらバランスシートにも注意しましょう。資産や資本が増えているのが理想的であり、極度に負債が増えているのであれば、注意が必要です。

同時にキャッシュフローにも注目し、資金ショートには注意しなければなりません。バランスシートの状態が良くて、資産が多くても現金以外の資産で持っている場合には、すぐには換金できない場合も多いからです。自社ビルや土地などがあっても、すぐには現金として支払いには回せないのは明らかでしょう。ただし、自社ビルや土地などがあれば、借り入れ金ができるようになる場合が多いので、キャッシュフローは良くなります。この場合は負債も増えますが、資産も増えるので、決して悪いことばかりではないのです。現金が増える融資は、企業の規模を大きくし、安定性をもたらしますから、積極的に利用しても良いものです。”