株式会社設立については専門の士業に聞きましょう!

バーチャルオフィスって?

バーチャルオフィスを利用して会社設立をする

バーチャルオフィスって?
会社設立を考えたとき、まずは、資金の問題と事務所の問題を考えなくてはなりません。
事務所はそこで仕事をする場所という意味に留まらず、会社設立時に登記する住所が必要ということが重要です。
架空の住所では登記は受け付けて貰えません。会社の所有でなくても、賃貸契約などの公的な書類による住所の証明が求められます。事務所を賃貸契約するには、保証金も必要ですし、月々の家賃もそれなりな金額になるでしょう。会社設立してすぐに売上が見込める事業でない、潤沢な資本金を用意できない、そのような場合には、事務所を賃貸してのスタートは困難なハードルということになります。
そのような場合に、利用できるサービスとしてバーチャルオフィスというものがあります。
シェアオフィスやレンタルオフィスというサービスと似ていますが、バーチャルオフィスの場合は、その字の通り、バーチャルにオフィスを構えることになります。つまり、事務局的な総合受付サービスを提供しているところで、その住所を使って登記し、電話やFAXの契約などもします。そうすると、会社の住所、つまり登記上の本店所在地、電話番号などの連絡先が準備できるということになります。そのうえで、秘書サービスなどの付加サービスを利用すると、会社名で電話応対を依頼でき、郵便物の預かりなど、一連のオフィス機能、総務機能を賄ってくれるというものです。
但し、バーチャルオフィスでは、事務所は存在しません。予約制になっていてビジネスラウンジや会議室を利用できるサービスはありますので来客対応もできますが、自社専有、専用のオフィスは、バーチャルにあるだけということになります。
普段は外回りが多く事務処理はPCがあればどこでも可能、常勤の社員もいないといった会社設立当初の場合は、とても便利かつ資金的にもリーズナブルなものと言えるでしょう。
また、自社で賃貸すると家賃が高くて借りられないような駅の近くで立派なインテリジェントビルが拠点となっていることが多いので、登記上の住所としては見栄えがするというメリットもあります。さらには、電話対応や来客応対を担当するスタッフもバイリンガルでプロ意識の高い人を備えているため、落ち度のない完璧な対応を求めることができます。いずれ、常勤社員を採用して自社専用の事務所を構えるとしても、会社設立当初にバーチャルオフィスを利用することのメリットは、計り知れないものがあるでしょう。”