株式会社設立については専門の士業に聞きましょう!

会社設立う、名前の付け方

会社設立する時の名前の付け方について

会社設立う、名前の付け方
会社設立を考えている方にとっては、どんな会社名にしようかを迷ってらっしゃる方もいることでしょう。会社名というものは一度陶器してしまうとそう簡単には変えることは出来ません。商業登記の際に会社名を登録することを商号と言い、会社名は定款に記載されて登記される仕組みです。会社名は今後勤務する社員や社長が名乗るものとして重要であります。しかし会社設立の登記をする際に社名を決めることになかなか良いアイデアが浮かばないで迷う人も多いことは事実です。

まず会社の名前の付け方として、商号を決める基本的なルールがあります。会社名に使用出来る文字に関しては以前はアルファベットの表記は仕様が出来ませんでしたが、2002年からアルファベットの使用も可能になり、名前の付け方への自由度が広がっていきました。またアラビア数字やコンマ、ハイフン、ピリオド、中点などの記号の使用も可能です。

会社名に原則としてはスペースを入れることが出来ないのですが、英語表記を用いて複数の単語で表記をする場合に限っては単語と単語の間にスペースを使用することが出来ます。また法律上仕様が禁止されている文字もあります。銀行業を営む会社ではないのに銀行という言葉を用いるなどがありますので、使用出来ない言葉についても調べておく必要があります。
会社設立においては必ず、株式会社の表記が必要になってきます。商号の中に会社の種類に従って株式会社などの文字を入れて登記するようにします。株式会社などの語句については名前の前に入れるか後に入れるかは自由になっていますので、会社名を決める際に語呂の良い形で決めることが出来ます。

名前の付け方で気をつけなければならないことが、既存の会社に対して類似した会社名になることを避けることです。以前は法律上で類似商業規制というものがあって、会社設立する同じ法務局の管区内で同じ業種の他社で既に登記されている商号と同じか類似した商号の登記は出来ませんでしたが、現在では廃止されました。全く同一の住所で同一の商号でない限りは登記が可能です。しかし既存の会社で誰でも知っているような著名な会社の商号と同じか類似した商号を登記することは、会社法によって禁止されています。このことから出来るだけオリジナリティーのある会社名で、継続して使える社名であり、かつ覚えてもらいやすい会社名を考え出すことが最善でしょう。会社設立にあたって経営の流れにそって生まれた名前であることが由来である会社名が多いので参考にもなります。”